2012年04月14日

上海常州出張日記

■2012年4月14日(土)


おはようございます。
月曜日から、先月に引き続き再び中国へ出張に行きました。
仕事は前回と同じく、当社で開発した食品の輸出商談です。

水曜日夜、無事に帰国できました。
現地で出迎えてくださったみなさん、お世話になりました。
さっそく仕事を進められるよう、取り掛かりたいと思います。



04001.gif

過密スケジュールのためリニアで市街地へ。


04002.gif

最難関、上海火車駅での新幹線切符購入。


04005.gif

硬座でも日本の新幹線に近い座り心地でした。


04006.gif

上海から江蘇省常州市へ。帰りは全力で駆け込みました…。



東京大阪と同じ感覚で商談を2時間おきに詰めたせいか、本当に慌しい出張になりました。
そして日系企業、台湾企業、中国企業とそれぞれ商談できましたが、いろんな気付きがありました。

台湾企業、中国企業とは中国語での商談だったので、お互いに通訳を立てての話し合いでした。
よく輸入食品の仕事で取引する欧米企業とは違う、香港企業とも少し違う、それぞれ独特の価値感が伝わってきました。(意外と中国との取引が少なかったから新鮮に感じているだけかもしれませんが…)



香港へは昨年秋に行き、輸出取引ができるようになりました。
中国も引き合いがあったので同じ要領でと臨みましたが、やはり聞いていたとおり多くの課題があることを身をもって痛感しました。

食品開発と輸出の仕事のいいところは、食品表示業務でのお客様の立場をそのまま経験できるところかもしれないです。
海外企業が日本に食品を輸入するとき、「添加物の使用基準があるので成分を変えてください」といつも伝えていますが、これをそのまま言われる立場になるのが、海外への輸出業務です。

また、多くの日本企業が海外に活路を求めている現状も肌で感じ取れますので、国内でのマーケティング業務でもより社会背景にあったサービスに改善できる点でも役立つ経験だと思います。



まず相手の立場に立って考えるには、それを直接経験することが大事かもしれないですね。
やってみないと分からないことは多いですし。
言語など課題はありますが、しっかりと進めていきたいと思います。


04004.gif

言葉は少々間違っても、気持ちで伝わると思います。


04003.gif

言葉がなくても、理解できるものもありますしね。


04007.gif

例えばおいしい食べ物や、すばらしい景色もそう。



お互いの価値観や文化を尊重しながら仕事を進めることができれば、大抵のことはなんとかなるのではないかなと思った出張でした。

商談の時間をもってくださった皆様、お忙しいなか送迎してくださった皆様、通訳をしてくださった皆様、事前準備でご協力をくださった皆様、本当にありがとうございました。

よい仕事ができるよう頑張りたいと思いますので、
これからもよろしくお願いいたします。


posted by kawai at 11:08| 雑感